お祭り♪

150_convert_20120826090101.jpg

148_convert_20120826090208.jpg

娘を入れて右から4人は1年生。娘、頭ひとつ分小さいです(~_~;)



160_convert_20120825163511.jpg


夜は法被を貸していただきました^^。娘やる気まんまんww。
スポンサーサイト

テーマ : 日常のひとコマ
ジャンル : 育児

久々なのに超長い長い話。書くのに勇気が要りましたww

すっかりご無沙汰しています。前回が宿泊会の時ですからほぼ一ケ月。サボりすぎですねww。

夏休みも後半ですね。もう始まってるところもきっとあるのでしょうね。

私たちもはじめての阿賀野での夏休み、はじめてのことづくしで過ごしています。

隣の県とはいえいろんな事が違うものです。

が、不思議なものでそのことを不満や不満に思うこともなく過ごせています。





さて、夏休みのことも書きたいのですが忘れないうちに書かないといけないことがあるので書いちゃいます。

いまさら・・・な感じも否めませんが我が家にとっては記録に残しておきたいことなので・・・。


それはここ、阿賀野に避難するまでの教育委員会とのやり取り。


我が家がというか私が子供を避難させる最終的な決断をした出来事でした。

もちろん、3.11があって、原発の事故があって、子供の体調不良があって、そのダメージだけでも十分に避難をする理由にはなったのですが

それでも踏み切れない。多くの人がそこで立ち止まったように私も立ち止まりました。

そこで長い時間をかけて作り上げてきた人とのつながりを断ちたくなかったことだったり、

家族が離れることだったり、経済的なことだったり、

特に息子の障害の事もあり、周りに理解をしてくれるお友達が多かった事は最後の最後まで踏ん切りが付きませんでした。


怒りに任せて書きなぐろうか、怒りが収まるまでまって冷静に書こうか?いろいろ考えました。

今はただ、忘れないうちに書いてしまおうという感じです。ww


以前の話 長い長いひとりごと。学校(長文の怒り) 

この続きの話です。

もう時期は忘れてしまいました。それほど昔のことではないはずなのですが、それでも時間の流れを忘れてしまうほど怒りとそして落胆をした出来事でした。私にとって。

実はこのあと、なかなか決断をしない私に教育委員会ヘ相談に行くようにと再三にわたり連絡がありました。

「ここに行って意見をすれば何か変わるんですか?」と聞きましたら、

「特に変わると言うことはありませんが、不安を相談したりすることは出来ます」っと。

???意味不明。ナンノタメニイクノ?????

とにかくこれにいかないと期間を延ばせない。だからとにかく行ってください。と言われました。

まだ打つ手は残っているかもしれない。とにかく、意見をしてこよう。そう思い、学校の話しに従い、

教育委員会のその就学相談会の予約をとり、出向きました。


こういう場はいつも平日なので主人は参加することができません。なのでこの日も母一人で出かけました。

とりあえず相談ですから2~3人の相談員さんと話をするんだろうな。と言うくらいにしか思ってもいませんでしたし、

気分的には投げやりな部分も正直ありました。

だって、相談に行く前から何もかわらないと宣言されているのですから。(苦笑)

順番が来て、部屋に呼ばれました。

一歩中に入って・・・・・・引きました(溜息)


コの字型に長テーブルが設置してあり、そして、そこには人がズラリ。

そして、そのコの字の空いている一辺に母の座る場所がありました。


まるで裁かれているようです。

これが相談をする場所なんだ?

記録をとる係の人みたいなのがいたり、、、、。

なぜこんなに人が必要なの?

自分が相談するときにこんな状況で話ができると思うのかしら?

尋問の間違いじゃないの?というくらい

とても居心地の悪い空間でした。

働いている頃の対策会議のようでしたよww。決して相談するような場所なんかじゃない。

以前の私なら絶対に意見など言えるような状況ではないでしょう。

でも、母はこういう状況にいつもぶつかってきたのです。残念ながら場数を踏んじゃってます。しかも自分のことではなく子供のことなのです。

最初から飛ばしました。ww。

なぜこういう結果が出たのか?そして、病院の先生が出す診断を考慮してもらえないのか?

もし支援学級に行く事になるのであれば、息子に必要な支援を受けることの出来るところを紹介してくれたりはしないのか?と

支援学校の受け入れができないのであれば、それに変わる支援を学校が終わったあとでもいいから受けられるところはないかと。


とにかく納得がいかない。という事を伝え、そして話をしてきたつもりです。

(納得はいかないが、それでも受け入れたとして不足する支援を補える方法について検討の余地があるのかどうか。

障害の重さの違いはあれど支援の必要のない子供ではないわけですから・・・。

そのへんの話の状況によっては、頑なに拒み続けるという姿勢で望まなくてもいいじゃないか?

いちおう、そんなことも頭をかすめていました。)


そこには、その年の夏まで同じ学校の支援学級にいた先生もいました。

でもね、申し訳ないけれど、先生に遠慮して話をしないという選択肢はなかったので

私は自分の意見を突き通しました。隣のクラスの先生でしたしね。

一通り話終わったら・・・

「お話はわかりました。 でも息子さんは支援学級適で診断がおりてますので、、、支援学級でということで。

おうちの方は病院の先生の仰ることを信じて、支援学校に入学させたいとお思いだと思いますが、

診断は行ったその時の状況だけを見て判断したもので、日常を見ているわけではないですから、

こちらの方では、支援学級で大丈夫だと判断しています」・・・・と。


もう 言葉もありません。

病院の診断真っ向否定です(しかも小学校より長く見ていただいているところの(-_-;))

いつもどおりのデキレース(笑)結論ありきの話。



何を言っても無駄だ・・・・。この人たち・・・・



もうね。母 絶句。。。。心が折れました。ぽきっと。思考停止。。。。


この人たちとこれ以上の話は無理。。。無駄。。。。


この人たちがトップの学校組織なんてありえない。

ここ数年の数々の理不尽な対応が線でつながるほどの言い表せないほどの落胆。



「ココはこの話し合いは何のためのものなんですか?」と聞きましたら

「ココは相談を一方的に聞くだけの場所なんです」っとの答え。

結局、わざわざ居心地の悪いところで緊張しながら泣かされに来るばしょな訳ですね。

そして、一応相談は受けましたよ!!ていう形を整えるための場所。

成程・・・納得。

まぁ、でも、この一件があってから我が家の方向は一気に避難の比重が高まりました。

心の踏ん切りが必要だっただけですから。結局の所。

あの頃のまだ法律も出来たばかりの小学校入学の時のその状況と何ら変わることなく、

学校教育の人たちへの不信感を払拭させることなく、どちらかと言うと強烈に不信感を植えつけた状態で

私はこの場を後にすることになりました。


そして、このあと、ご丁寧に「ほとぼりは覚めましたか?そろそろいーでしょうか?」的な電話をいただきました。





ここからは余談でついでに私の偏見ですが、こういう人たちが上に立つ教育委員会ですから、ここ最近の放射能に関する物事の一つ一つをとって見ても

私には何の違和感もなく、やっぱりな。という感じです。

だって、子供たちの方を向いていないのですから。いつも組織をむいているようにしか見えないのですから。

子を預ける側の親からそうみえてしまうのは教育機関としては致命的でしょう。

最近、障害児の教育に力をいれます的なCMを郡山に帰ったときにみました。思わず家事の手を止めて見入ってしまいした。

ぜひ、これ以上子を持つ親を落胆させないように考えていただきたいと願います。






最後まで読んでくださりありがとうございましたm(__)m

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

プロフィール

リトルガル

Author:リトルガル
関西生まれ(奈良県生まれ、和歌山県育ち♪)、福島県で長年生活していましたが、4年前から新潟県にて生活しています。
パパ。
ママ。
息子。支援学校高等部2年生になりました^^(小3年生から特別支援学級に在籍して中学卒業まで支援学級に在籍していました。)
娘。小学5年生になりました^^(2ヶ月早産で1640グラムで生まれました)
4人家族です。

特別なことはないけれど、特別じゃないから残したい。
そんな感じ。・・・ですかねぇ・・・。

と思ってブログを始めましたが、3.11の震災を経験し、放射能から逃れるため、H24年の4月から、新潟県の阿賀野市に母子避難しておりました。
そしてH25年、パパさんも新潟県に避難してきました。ようやく家族で新生活です♪

特別なことだらけになりましたが、今度は特別だからやっぱり残さなきゃ!!・・というかんじですか・・・ねぇ。(*^^)v

ブログ村
フリーエリア
このブログ、だいぶいろんな事でごちゃまぜになっていますの 別個にお部屋を追加しました。 もう一度ちゃんと知って起きたいこと。勉強したいこと わかりやすい場所に置いときたいなぁと思いまして。。。。 下のリンクから、飛べます。 まだ作ったばかりなのでこれから増やしていきます。                    2015.8.17 パソコンが壊れてしまったため、少々お待ちください。 タブレットでできるとこまで更新しようと思います。 2015.8.19
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 ぞろ目踏んじゃってください!!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おしらせ
当分の間、一部息子関連記事を閲覧限定記事にいたしました。 ブロともにならなくても、パスワードを入れると見られるようにしました。 こちらからわかる範囲の方はご連絡いたしますが、 FC2ブログ以外の方は連絡方法がわからない方もいらっしゃいます。 FC2ブログでも、訪問者リストにのらない方、そしてFC2ブログ以外の方、 ブログをやっていらっしゃらない方は、 恐れ入りますがコメント欄の鍵コメにてご連絡ください。 「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてもらうと、非表示でリトルガルのところにだけ届きます。 お手数をおかけしますが、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
最近の記事
最近のコメント
リンク(よくお邪魔するサイト)
フリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索