五頭の森・お宝探し道草調査隊^^

こんばんは。

書きたいことが沢山あるのですが、なかなかじっくりと向かう時間が取れずにおりました。

今日は久々に(笑)楽しい話題の記事にしてみようと思います。






阿賀野にきて初めてこういう交流の場に子供たちを出しました。


レクネット新潟さん企画の阿賀野市内での自然学校。

こういうのはいつも子供たちは行きたがらないので今回もダメ元で打診してみましたら

珍しく息子が「行く!!」とv(=^0^=)v

このチャンスを逃すわけにはいかないと企画締切ぎりぎりに申込みました。

(本当は一泊二日の企画なのですが、都合で一日目だけ参加しました。)→こんな企画です




放射能汚染を心配している私にとって結構勇気のいる決断です。

申し込む前に2~3心配な点を企画してくださったレクネットさんに確認しました。

(ツイッターでお知り合いになっていたので図々しくいろんな物の確認をさせていただきました)

日頃から食品などの測定をお願いしている阿賀野ラボさんと共に事前にいろいろと調べてくださって、

測定してくださっていたので不安少なく参加できました。


2013061509390000.jpg  ←行ってすぐ、受付してからテーブルの上にあったパズルに二人して取り組みます^^。

2013061511590000.jpg  ←五頭のブナ林の中でのお昼ご飯。だいたい4合目当たりだそうです(笑)結構登った気がしたんだけどねwww)

2013061513370000.jpg 2013061512310000.jpg 2013061512290000.jpg

↑ 初の木のぼりに目覚めてしまった娘(*≧m≦*) 意外な一面(#^.^#)

結構遊ぶ時間があっても少し上まで歩いていってみたりして、結局結構子供たち歩きました。

そして帰り道・・・。下りの方が足の負担が半端ない事を実感しました(´▽`*)アハハ

下りの途中からやや雨まじりになったのですが、それでもぎりぎり悪天候にならずに降りられました。

そして自然学校に戻って今度は火おこしからのご飯作り

2013061516340000 (1) 2013061516340001 (1) 2013061516330000.jpg

↑ 薪を並べたりマッチの使い方を教わったり、吹いたり、扇いだり、眺めたり・・・(んっ?眺めたり?・・あっ、若干一名ねww)


家の中でも吹いたりww

切ったり、捏ねたり、丸めたり

そんなこんなでこんな素敵なご飯が出来ちゃうわけです

2013061518120000.jpg 2013061518120001_20130628094950.jpg

2013061518260000.jpg

で、こんな感じでみんなでズラ~っと(笑)

すみません画像ブレブレです。というかフラッシュ機能の無い携帯カメラなのでちょい怪しい。

このあと、子供たち初のおこげご飯を戴きました。(美味しかったらしく、息子は珍しくおかわりしてました^^)

苦手なトマトの入った肉団子スープも食べたみたいです(*≧m≦*)



そしてごちそうさまのあとはみんな大分慣れたみたいで娘なんかは家中駆け回って追いかけっこしてました(笑)

因みに自然学校の中を一部撮ったのでせっかくなのでこの雰囲気を味わってくださいませ♪

2013061517320001.jpg

2013061517320000 (1)

次の日に用事があったので帰らなければならなかったんですが

帰りの車の中で娘は「お泊りしたかった・・・」とつぶやいておりました。

学校の勉強だけでなく、自然の中で学ぶ勉強は子供たちも生き生きとして楽しそうでした^^

スポンサーサイト

テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・5

こんにちは!!もう週末ですね。

リトルガル母子はこの週末、阿賀野で行われる福島県の子供たちを保養に招くプロジェクトに

一参加者として参加してきます。

何となく、息子の事で必要以上に気を使うのが精神的に嫌で単独の保養ばかりをしてきたので

保養としては今回初の体験型の参加です。

子どもたちが珍しく行きたがったのでタイミングとしてはいい感じです。

・・・が天気はどうやら崩れる模様・・・。

まぁ、それでも家でじっとしてるよりはいい。福島訛りに浸かってこよう(*≧m≦*)


さてさて、今日もお話のつづきです

ほんとに毎度毎度すみません。

でも今回で一応締めです。この話。




久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・1
久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・2
久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・3
久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・4




電話の件は前回のとおり。

で、それでも次回は来てください。という。

なぜにそんなところに連れていかないといけないのか。

何を考えているのやら(=_=)

(前回の記事に多分書き忘れたんだけど、インストラクターと電話で話したときに

私はこうはなしたの。

「私だって好きで苦情を言ってる訳ではないんです。

いつもと同じコースをしてくれればなんてことない話なんです。

こういう話をすると私たちだって行きづらくなるんです。

だけど、それでも言わなくちゃって思って言ったんです。

その事、わかってますか?」って)

って、しかもこじれたから尚行くわけないじゃん。





そして、後日、娘の運動会の時に、またも電話が来た。

振替当日の息子の担当インストラクターさん。

おどおどと電話をしてきた。

前日の電話でのやりとりで問題点が当日のインストラクターさんではないのは分かったので

説明をし始めようとしたインストラクターさんの話を遮って

「話は昨日聞きましたから。あなたは悪くないのはわかったから。大丈夫ですよ。」と言って電話をきった。

問題はいつものインストラクターにあるのは明らかだし、振替日の彼女は言われたことをただやっていたのだろう。

指導だって、別に問題があったわけでもない。

いつもと違うことをやったのは彼女のせいではない。と思う。

逆に・・・この子に電話しろっていったんだ。あのインストラクター・・・・。って思った。

「すみません。私のミスで。彼女は言われたことをやっただけで彼女は悪くないんです。」くらい言ってみろっての。

私はコースの教え方にケチを付けたんじゃない。
 
・・・・・ほんとわかってないわぁ・・・・・

そして後日退会するべく、スクールに出向き、受付で受付の人に

「退会したいので退会届けをください。」と行ったら、

「理由は?」と聞かれた・・・・・。(あなたが電話を取り次いだんでしょ~~(-_-;))

「聞いてないんですか?」というと

「ええ。まぁ、電話をしました。話しました。というのは聞いたんですけど。

 何か当日担当した者が電話をしたら、あなたは悪くないからね、

 って言われたって言うことだけは聞いてます。」

            

ほほ~う。なるほど 都合いいとこだけ伝えてあんのね。っていうか、振替担当さんだけはちゃんと報告したのね。当人さんはちゃんと話をしてないわけだ・・・。だから肝心なとこはなんにも伝わってないわけね・・・・・

 で、それを客である私に説明させると言うわけね・・・・・。そちら側の当人に確認もせず・・・。

・・・最低・・・。

 「もうそのことについて話したくないので。」って言うと

 「今後の為にお互い納得しないとこれは出せませんねぇ。このままやめさせるわけにはいきませんからねぇ」と退会届を引っ込めちゃったの。(まぁ、これは意地悪という感じではなく、申し訳ないからって感じだと受けとりたいんだけどね)

  「いやいや、それはそちらでやってください。そちらで伝達すれば済む話でしょ。そういうつながりはないんですか? 私の方では何も話すことはありませんからとにかく辞めさせてください。」

というと

 「いえっ。理由を聞かないと。こういうことは初めてなもんで。お互い納得しないと・・・」

と引かない。お互いとかないから、、、、、。(苦笑)

 
「そんなの関係ないですから・・・。そちらで勝手にやってください。そういうのはそちらで話し合うことでしょ。」
  と言っても聞かない。

 なので仕方ないので電話の顛末を話した。

「そうですか。本来と違うことをされていてそれを知らされずに毎月月謝を払っていた訳ですね。」

「じゃそのことについて少し担当の方と話し合いを!今担当読んできますから・・」

って。もういいから。話しても埒あかんでしょ。ってかまたボルテージ上がると倒れるから私・・・。

「子供たち待ってるから、話し合いません。もう電話で話しましたから、いいです。

今さら話すこともありませんから。来たら帰りますから。話したくないんです。」

 っていっても呼んできた。

「私の指導のせいでしょうか?」って出てきたから何も言わず

「失礼します!」って帰ってきました。結局退会届もらえず・・・。


私の指導のせいでしょうか???? なんにもわかってないやん。この人・・・・。(呆)

いらついて何日眠れなかったことか。・・・・・。

それでもこれ以上お金を払いたくなかったので

別日にここのスクールの子供たちが帰る時間に再度行きました。

そしたら、受付の人が帰ったあとで、息子の担当の人が受付にいました。

嫌だなぁ、と思ったけれどとにかくもうこれ以上お金を払いたくなかったので手続きすることにしました。

 今度はなんにも言わずにというか

「あっ、退会届ですね」って感じで

退会届けを出してきましたww

なので一通り書いて出しました。

「もう受付の者が帰ってしまって、詳しい申し送りをしていないのですが、

受付に何か伝えたいことはありますか?」だって・・・・・・。

「べつにありません。」

「そうですか。じゃぁこれは受付に渡しておきます。おつかれさまでした。」

 だって・・・・。思いっきり事務的な対応とは反対の感情まるだしの顔、すみませんでしたの一言もなし。

 あんたのせいで怒られたやん。位の感じ・・・。

 やっぱこの人わかってないんだ。社会人なのにね。

 まぁ、別にわからなくてもいいんだけど、この人の為になるような事はなんにもしたくないから。

 なぁ~~んにも言わない。

 
 パパさんも珍しく怒ってた、「ダメだダメだそんなところ!何もわかってないじゃん。」って。

 まぁ、水泳の指導は上手なのかもしれないけど、即してなきゃ意味がないし、

 子供を預かってお金をもらってるって意識がなきゃいかんでしょ。

 いざやめるとなると息子は「やっぱ行きたい。」って泣いた。

 私もスイミング自体には通わせたい。
 
 でも、
 

 たとえ息子がこの先生を好きだといっても、私は親として安全を担保できない以上、

 息子をここにあずけるわけにはいかない。

 ましてこの人にはあずけられない。

 何かあってからじゃ遅いから。

 


 別に難しいことを言ったわけじゃない。向こうが違うことをしてて話がかみ合わないから

 それが問題なだけじゃん。

 私的には、最初の段階でいった「いつも同じコースができないなら、できないといってください。」という部分だけでよかったんだよね。

 「すみません。」の一言でよかったんだよね。本当は。

 そしたら「いえいえこっちだってすみません。急に振り替えたから」って言うくらいで終わったのに・・・。

 まぁ、でも結果わかってよかったんだけど。

 

  でもさ、やっぱ親は見にいかないといかんよ。毎回とは言わないけど。

 

 
 


 

 
 長いお話に最後までお付き合いくださりありがとうございます。

 


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・4

おはようございます。今日は朝からいい天気を通り越してあっついです。

外に出ると痛いです☆⌒(>。≪)。年々皮膚が弱くなっている私には厳しい日差しです(~_~;)

30度を超えるそうです。

太平洋側では台風の影響でお天気ぐずついているところも多いようですね。皆様どうぞご用心くださいませ。

今日もまた続きです・・はい。すみませんですアセアセ・・・。








で、次の日電話が来ました。

まずは受付の人が電話をくれました。

「昨日はどうも、昨日の件で電話したんですが、〇〇君は前にスイミングに通われてたこともあって一通り泳ぎができるので、いつもは割と自由におよがせてるんです。だからあのコースでいいそうなんです。っていうことでした。」

「はぁ?(怒)あのコースが妥当だと?あのコースのどこが?あの浮かんでるだけのコースで間違いないと?」

「ええ。そう聞いてますけど。」

「本当にそうおっしゃったんですか?いつものコースと全然違うんですけど?(激怒)」

「あぁ。今担当がいますので変わりますね。」っていつもの木曜日の担当にかわりました

「担当の○○です。〇〇君なんですけど、〇〇コースなんでこのコースで妥当なんですよ。

いつもは選手コースがあって、レーンが少ないから本当はヘルパーを付けなくてはいけないんですけど

付けさせてないんですね。惰性と言われれば惰性なんですけどぉ。

だからあのコースで間違いないんですよ。」ですって。

「本当にあのコースで間違いないとおっしゃるんですか?どんな練習をしたのか聞かれたんですか?」

「いーえ。今日は担当は休みなので聞いてないです。」

「じゃぁ。どうして妥当だと?確認もしてないのに?」

「あの子(インストラクター)は悪くなくて、真面目で一生懸命な子で・・・」

「そんなことは関係ないでしょ。何で内容を聞きもしないのに妥当だって判断ができるんですか?

 ちゃんと聞いてから判断して電話するなり担当が電話してくるなりするのが普通じゃないの?

 どんなことしてたかわからないのに電話してくるのおかしいでしょ。」

「いつもと全然違うコース内容で練習したって仕方ないでしょ。

 だからいつものコースができないならそういってくれっていってるだけでしょ。(怒)

 できますって言うからつれていったのに、いつもと違ってたらなんだ?って思うでしょ普通」

 少し違うくらいならうちだってこんなことは言わないし、教え方がどうのとかも言ってない

 いつものコースに不満があるとかも何にもいってないでしょ。

 でも、あまりにもちがいすぎる今回の理由を聞きたいの、いくらなんでも、あれはひどすぎます。

 いくらなんでもあれはひどすぎますから。振り替えたうちが悪いんですけど・・・。

 あれはいくらなんでもないでしょ。子供の心も自尊心だって傷つくでしょ。

 人より時間はかかったけどクロールだって100メートル位はいつも普通に泳げてたんですけど。

 それなのにヘルパーが妥当?浮きが必要?」と言ったら

「それはしりませんでした。そんな能力があったなんて私にはわかりませんでした(怒)

 そんな力あるとは思えなかったもんで。

 じゃぁ、次は特例でチェックを飛び級で受けさせますから、それでいいですか?」

 はァ(゚Д゚≡゚Д゚)? こんなに馬鹿にされてうちの子を何で連れていかないと行けないの?

 何でお金払ってまで連れていかないと行けないの?っていうか行くとでも思ってるの?

 ないから。絶対ないから!!!

  しかも本来のコースとは違うコースをいつもはやっているということを自分から話しましたから。

 ヘルパーが必要な子供にクロールやらターンの練習をさせているわけでしょ。

 ヘルパーの種類にもよるけどそれでも腰に付ける浮き輪だよ。フィンとかじゃないよ。

 それは明らかに泳ぎを習い始めた子達が使うもので、 小さな子供たちの中に混ざってやってたんだよ。

 仮に○○コースだったんだとしたら、ちゃんと支持を受けて担当した振替先のインストラクターは言われたことを やったんだから悪くない。

 いつもの担当がやらなきゃいけない練習をさせてなかったってことでしょ。・・・しかも惰性で(-_-;)

 ならね、能力がないと思うのならば、やらなきゃいけないコースがあるのならばそれを一言言うべきでしょって の。

 ひと言あれば、息子に必要なコースができないのならばできる曜日に移すことだって考えるし、

最悪、実は違うんですけどできそうなんでやらせてみます。でもいい。しんどそうならこちらが対策を打てる。

だいたいの回、私はそこにいるのに見学しているのに?

能力以上の事をやらせていると認識するのならば、それだけリスクを伴う可能性が出てくることを認識すべきじゃないのかい(怒)

「やらせなきゃいけないことをさせてなかったってことでしょ。言い訳はいいですから。」

っていったら、

「お母さんが言い訳だとおっしゃるならそれでもいいんですけど(怒)、〇〇君は話を聞いていない時がある感じなんでぇ。」って

ほらきたっ。(てか、自分が悪いのにお客にキレないでくれ。。。。)

 ちゃんと事前の申込書に書いたよ。そのこと・・・。口頭でも伝えたよ。

 最悪話を聞かなくて指示が通らないのならコースを下に落とされるならそれはそれで仕方ない。

 というか指示が通らない段階で私はスクールに彼を連れていったりはしない。



 それはやらなきゃいけないコースと違うコースをやらせる理由になるんですか?

 スクールで判断したコースよりも上級のコースを話をよく聞いていないんじゃないかと思われる子供に対してずっと行なっていて、そのことについて一言も無い?

 
 しかもどうやらそれで息子が悪いんじゃんってな事に持っていきたい模様。

 おふざけもいい加減にして欲しいものです。

 


 お金出して惰性でやられちゃたまったもんじゃない。

 しかも息子のやる気も削がれて・・・・。まさに踏んだり蹴ったりです。

 是非とも返して欲しいもんです。かかったお金全部・・・。




 息子泳げていた自信を無くして、ターンだってやらなくなったし、楽しそうに泳ぐこともなくなった。

 いつものコースでも多分物足りないんだろうなぁ、って思っていたけど、問題はそこだけじゃなかったようだ。

 この人は自分が違ったことを惰性でやったことに対して一言も謝罪をしなかった。

 この人のこの言動に私はブチ切れた。今まで長くお世話になっていたスイミングスクールの

 この人よりははるかに親身に丁寧に教えてくれたその人たちの顔が浮かんで、

 悔しかった。『お前にいわれたくねーんだよ(怒)』と怒り心頭だった。

 私にお母さんにご心痛をおかけしてすみませんでした。とだけ言った。(それも取ってつけたような・・・ね)

 まず謝る相手は息子じゃないのかい?

 仮に私に謝るとしても、謝るのはその部分じゃないだろう。

 即してない事やっていたことに対して、そして説明をきちんとしていなかったことに対してでしょう。

 一言で片付けんな!!っていうはなしでしょ。

 で、この話にはまだ続きがある。



 

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・3

おはようございます。今日も朝から暑いです。

毎日ちょっとづつ忙しくなってきました。

まだまだですけどね(笑)

やりたいことが明確になりつつあったり、何となくいろんな人とコンタクトをとっていると

それだけでも随分と生活が変わる気がします^^


という中での↓の問題・・・。阿賀野にお世話になっている身としては言いにくいんですけど

それでも、やはりこれは残しておくべきだと思ったので書きました。

結構な長さの物になってしまいましたが、省略してしまうと伝わらないかと思うので

もう少しお付き合いくださいませm(__)m




で、今回。やはり振替がきっかけで問題が起こりました。

私が用事が出来て夜、少し出かけなければいけなくなったのでいつもより1時間早い時間に急遽振替できるかどうかの電話を入れました。

いつもは受付の人が出るのですが、その時は若い男の人の声でした。

「急なんですが、今日の5時半のコース、4時半に変更出来ますか?」

「あっ、はい。大丈夫です。」やはりその日も即答。

いつもと違う人だったのとあまりに急に変更したので

本当に大丈夫かどうかを聞き、もしダメなら別な日にしますけど・・・。

というのも前回と前々回の事があったので付け加えました。

○○君と○○ちゃんですよね。だいじょうぶですよ。と返答があったので子供たちを変更した時間に連れていきました。

で、いざコースが始まりました。

ちょっと近くに夕食の足りない食材を買いに行き、戻って来ていつも通り見学しました。

コースの内容、そして、迷惑をかけてないか、危険な行動をしてないか。頑張っているか。

いろいろと見るためになるべく見学するようにしているのは、昔から変わらず続けていること。


で、この日も見たのですが、、、、、、、

息子がいたコースが娘のコースの一つ上くらいなのかな?っていうくらいのコース。

それでもそれがいつもと同じコースなら(あちゃぁ。ちびちゃんたちと一緒だよ)と多少はこの日にしたことを後悔はするし、気にもなるけど何も言わない。

息子も戸惑わない。でもいつもと違うコースに明らかに戸惑っているのだ。ガラスいちまい隔てていたって容易に伝わる。

クロールや背泳ぎなど何も無い。ただ、浮かぶだけのコース。バタ足のコース?息子が小学生の1~2年のころに
やっていたコースとおんなじ感じ。

なになになになに?????????????????????????????

見学をしていて、イライラしていました。

何でこのコースなの?この時間は選手コースもないし、クロールとか練習してる子供たちもいるのに何でここなの?

明らかにいつものコースとは違うコース。しかも25mの半分しか使わないようなコース。

イメージとしては180センチくらいの丸いガーデンプールの中で浮かんでる感じ・・・

160cmに届こうとする息子はひとつも体を動かせない。

なんじゃこりゃ(怒)運動にもなりゃしない。


と怒りでわなわなしていたのですが、それでもその時はこの時間の振替はだめだな。

次はちゃんと行かせよう。とおもっていたのです。

で、コースが終わって息子が出てきました。車に乗りました。

「僕、来週は休もうかな。行かないかな。」ってぽつり。

この違和感は私だけじゃないんだな。やっぱり・・・。というのと

それまでのコースでも感じていた物足りなさをやはり感じていたんだと。それまでの言動と合せ思いました。

小学生の中でもやりづらいだろうに、その中でも低学年か幼児のコース。

彼はそれを表現する言葉を使わないけれど、明らかに傷ついているのはわかる。

それでもいつもと同じコースなら流れが同じなら少しは気が紛れたろうに・・・。

で、一度家に帰ったのですが、家に帰ってもどうにもこうにも腸が煮えくり返ってちゃんと説明を聞かないと。

と思い、子供たちにご飯をたべさせ、用事の予定時間よりも少し早めに家をでて、

さっき出たばかりのスイミングスクールに戻りました。

受付に行き、抑えられるだけ抑えて、それでもいら付いた声で言いました。

「息子の今日の振替のコースはなんなんですか?なんであのコースなんですか?いつもと全然違うコースなんですけど。

いつもと同じコースができないんであればそう言ってくだされば別の日にとったんですけど・・・。(怒)」って

「あぁ、はぁ。〇〇君ねぇ。そんなに変でしたか?」

「いつもと全然違ってヘルパーとか付けてたんですけど・・・

うちの子、幼稚園から通ってますけどヘルパーなんか付けたことないんですけど(怒)」
 
(ヘルパーというのはこういうの→カラーヘルパー これを腰に巻いて使うのです)


「はぁ、そうですかぁ。じゃぁ、今回の振替はナシでもう一回取ってもらってもいいですよ。ちょっとなんでなんだか理由を聞いて後でおでんわしますねぇ。」って。

冷静にならなきゃいけないし、時間も迫っていたので、お願いしますね。っていって用事に出かけました。











テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・2

おはようございます。

今日もいい天気です^^

今日はこれから母だけで郡山に行ってきます。

前回、講演会に行くために一人早く郡山を後にしたので、家の中のゴミがどうやらそのままらしい。

行って処分してきます^^

では続きを。まだまだ続きます・・・すみませんm(_ _)m




このスイミングはシステムがとにかく分かりづらい。

休みのとりかたも振替のとりかたも聞かないとわからない。

 
こちらのママさんたちに聞いても「どうやるんだろうねぇ?」って聞き返される始末。

でも、聞けばわかるんなら。まぁ。いっか。と受付で確認をとりました。


でもって、時間や曜日の振替をお願いする電話をかけても、何かを確認するという作業も無く、

ただ、はい。わかりました。しか言わない。

娘の体調が不安定で調子のいい日とそうでない日がかなりばらつきのあった時、良く振替を利用していたのですが

体調のいい日の木曜日、本来のコースの前に前回の分の振替を入れられるかを確認して、大丈夫です。というので

お願いして娘を連れていったら、振替分のコースを泳いだ後に本来のコースを受けさせてもらえず出されたこともありました。

電話をした段階でできないと言えば別な日に取ります。っていう話。

行って、振替コースやってから、子供が出てから、「あっ、2時間連続は無理なんです~。」ってなにそれ(怒)

冬の寒い中、濡れた髪でフロントに出された娘の身にもなれっての。

息子のコースがまだ終わっていないので結局娘はそのまま待たせるしかなくて

風邪をひかないかヒヤヒヤしながら息子のコース終わりを待って速攻帰りました。

また、ある時はこんなこともありました。

やはり体調不良で娘が前の週にスイミングに行けなくて、その分をその日に続けては無理だからという前回の事があったので

別な日にとりました。確か水曜日、で本来のコースが木曜日。

その次の週は郡山に帰っており、その時のスイミングも振替にする予定にしていたので

振りかえがあっぷあっぷするのでちょっと頑張って月内に入れようと思って電話をして

やっぱり「大丈夫ですか?」と確認して入れました。

その月は進級テストがある週でした。忘れてしまっていた私もうっかりなのですが

振替に行った娘は帰りに開口一番こう言いました。

「〇〇ちゃんは明日チェックするからみててね」っていわれてあまり泳げなかったと。

テストの時にぶつかってしまって申し訳なかったですけど、体調と予定をみたらそこがベストだと思って入れたのに

せめて、どちらの日にチェックしますか?とか。

チェックの週なのでもしかしたらみててもらう時間が多くなるかもしれませんがいいですか?とか

一言あったら理由を話して別な日を調整したりできるものを・・・。

それでも振替は振替。一回千なんぼかのお金が飛ぶわけです。

それも事後報告。そして、言い方がそんなに何回もチェックしたいの?って感じの言い方。(これはあくまで私の主観ですが。)

この時もイラッっとしたのを覚えていますが・・・。ぐっと堪えて帰りました。

で、今回。やはり問題は振替がきっかけで起こりました





全てに於いて自分たちが知っていればいいのよ。っていう感じ。ココはサ-ビスを提供してお金をもらってる企業だという意識がまるでない。















テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

久々なのにこんなんですみませんm(_ _)m・・・1

先月はとうとう1回しかブログを更新できませんでした・・・。

先月は息子の誕生日等もあり、いろいろと行事はあったのですが・。・・・。

合わせて自分が寝込むというあちゃ~な展開でした。

後、ちょっと忙しい事が他におありまして・・・。


・・・・・・

すみません。所詮いいわけですm(_ _)m

楽しい記事はまた後日更新しますね。


とういことは??・・・・・

長くご覧いただいてる方はお分かりかもですが・・・。

また、楽しくない記事を更新しちゃいます。





今回の話はここ阿賀野に来てのトラブルです。


はい。息子絡みです。

書かないのが一番すんなり過ごしていきやすいのでしょうが

これは私たちの一つ一つ、良いことも悪いことも残したいとおもっているブログなので敢えて書きます

気持ちは一区切り付いています。割と冷静です・・・。割と・・・。


まず結果、息子がスイミングスクールをやめました。

小さい時から続けていた彼の大好きなスイミング。

機会があればまた通わせるつもりですが、、、、。

正直入れる場所を間違えた・・・。という後悔でいっぱいです

阿賀野には私の知っている範囲ではここしかスイミングスクールがありません。

避難をしてきた当初からまずスイミングを!と考えていました。

理由は5つ

まず一つ目は避難して新しい環境になるので、大好きな水に入ること、泳ぐことで新しい環境に変わるストレスを軽減したいと思ったこと。

次に二つ目、体力と免疫が落ちていたのでそれをできるだけ回復させたいと思ったこと。

三つ目 出来るスポーツが限られている中で楽しめて取り組めること。慣れているもの方が取り組みやすいと思ったこと。新たに別のスポーツを始めるのは彼には負担だと思ったこと。

四つ目、同学年程度の子供たちとのコミュニケーションが一方通行になろうとも取れるチャンスになると思ったこと


五つ目、毎日の被曝防御のストレスと体の痛みと、病院通いからほんの少し開放させてあげられたから、少しでも子供たちらしい生活をさせてあげたいと思ったこと。

いろいろかんがえて、、、でも入れることにしました。



入会させる際も発達障害があることなどはお知らせしましたし、スイミングに長く通っていること。指示はある程度通ること。
籍はあったけれど原発事故の後、体調がを崩し、ブランクがあるということ。を伝えたと記憶しています。


土地勘もないこと、阿賀野にはここしかないこと。長く通わせたいのでなるべく通いやすいところにあるほうがいいこと。

正直、通わせるのに考える部分もあったのですが、とにかくはやくと思いお金を何箇月かかかって準備して入れました。

体験の時にやけに木曜日を推されました。私は人数があまり多くないこと。学校の後なので最終のコースがいいことなどを話、確認して、迷惑をかけるタイプの子供ではないのですが、それでもいろいろと考え、特にこちらで用事もなかったのでオススメ通り、木曜日にしました。(娘は曜日を決めるまで2~3回ふらこらしたのですが・・・)

一通りを揃え、いざ通い始めて、まずびっくりしたのが見物する人が少ないこと。少ないと言うか、ほぼ居ない。

そして、始まりと終わりの挨拶がない。(もしかしたら始まりはあるのかもしれない。聞こえないだけで・・・)

全てに於いて流れが見えにくい。

でも、場所が違えばやり方も違う。そこにはそこのやり方があるし、我が家はよそ者。という思いもあり

慣れるしかない。とそれでも泳げれば、息子が少しでも満足すればそれで良し。と思うことにしました。

郡山でスイミングをしていたときはクロールは流して泳げたし、背泳も流して泳いでて、

平泳ぎの練習に入ってて、卒業までに調子がよければバタフライまで泳ぎ方を教えてもらえるかな?って感じでした。

こちらではコースも小学校の3年生位の時にやってた練習内容。しかも、自由時間が毎回結構な時間ある。

とても違和感。パパさんも「自由時間?お金払ってるのに?毎回?それって、手抜きやん。」って。

高校まで水泳をやっていたパパさんですらその反応。

それでも、体力も落ちているし、フォームも崩れているのかもしれないし。と言い聞かせ、何も言うまい。と思っていました。

避難してきたからトラブルは避けなきゃ。と思っていたのもあるし、

比べちゃいけない。と。今までと同じゃないんだ。と

それはスクールのことだけじゃなく、息子の事も

あの体調不良から回復したばかりだし、必要以上に無理をさせてもいけないだろうし

まぁ、親としてはモヤモヤしながらもそれでも体調管理をしながら通わせました。

つい先日まで。




やめさせるきっかけはほんの小さなことでした。

それまでも何度か「はぁ?」って思うことがあったのですが、

あんまり小馬鹿にしていたのできれました。

先にも後にも、こんなに怒鳴り込んでいったのはここだけです。

訴えようかという考えが過ぎるくらい・・・使ったお金を返して欲しいくらいです。

どれだけの思いをして捻出したと思ってるのかしら。。。。

まったく・・・・。


・・・すみません続きます










テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

プロフィール

リトルガル

Author:リトルガル
関西生まれ(奈良県生まれ、和歌山県育ち♪)、福島県で長年生活していましたが、5年前から新潟県にて生活しています。只今6年目♪
パパ。
ママ。
息子。支援学校高等部3年生になりました^^(小3年生から特別支援学級に在籍して中学卒業まで支援学級に在籍していました。)
娘。小学6年生になりました^^(2ヶ月早産で1640グラムで生まれました)
4人家族です。

特別なことはないけれど、特別じゃないから残したい。
そんな感じ。・・・ですかねぇ・・・。

と思ってブログを始めましたが、3.11の震災を経験し、放射能から逃れるため、H24年の4月から、新潟県の阿賀野市に母子避難しておりました。
そしてH25年、パパさんも新潟県に避難してきました。ようやく家族で新生活です♪

特別なことだらけになりましたが、今度は特別だからやっぱり残さなきゃ!!・・というかんじですか・・・ねぇ。(*^^)v

ブログ村
フリーエリア
このブログ、だいぶいろんな事でごちゃまぜになっていますの 別個にお部屋を追加しました。 もう一度ちゃんと知って起きたいこと。勉強したいこと わかりやすい場所に置いときたいなぁと思いまして。。。。 下のリンクから、飛べます。 まだ作ったばかりなのでこれから増やしていきます。                    2015.8.17 パソコンが壊れてしまったため、少々お待ちください。 タブレットでできるとこまで更新しようと思います。 2015.8.19
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 ぞろ目踏んじゃってください!!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おしらせ
当分の間、一部息子関連記事を閲覧限定記事にいたしました。 ブロともにならなくても、パスワードを入れると見られるようにしました。 こちらからわかる範囲の方はご連絡いたしますが、 FC2ブログ以外の方は連絡方法がわからない方もいらっしゃいます。 FC2ブログでも、訪問者リストにのらない方、そしてFC2ブログ以外の方、 ブログをやっていらっしゃらない方は、 恐れ入りますがコメント欄の鍵コメにてご連絡ください。 「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてもらうと、非表示でリトルガルのところにだけ届きます。 お手数をおかけしますが、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
最近の記事
最近のコメント
リンク(よくお邪魔するサイト)
フリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索