親の思い、切実な願い。

ここ数日、発達障害絡みの相談がまたぽつりぽつりと来るようになりました。
新学期が始まって新たにいろんな変化があり、それぞれに一生懸命その変化になじもうとしているのかもしれませんが
そろそろ苦しくなってくるのがこのくらいの時期なんですよね。。。。

家も同じです。

でもね、ここ最近の話はいつもどうしても投げやりな学校の態度、教育とはかけ離れた部分での問題があるような気がしてなりません。

もう、これだけたくさんの「生活をする上で困難を抱えた子」がいるのだから増やす努力はやめていただきたい。と切実に思うのです。

同じ思いをさせたくない。
その思いをもってお話を聞いていますが・・・・。
親の思いがどれだけあっても八方ふさがりな感じになってしまう・・・。
それは子供の世界の大きな部分を学校が占めているから。。。。
世界の狭い子供にとって学校の占める割合の高さはどうしても無視できない。
これを言うと中には「またそうやって学校のせいにする!」と思われる方もいるでしょう。
そんなことは重々承知の上での発言です。

ちなみに小4の娘は朝は遅くとも7時半には家を出ていき、帰りはだいたい4~5時過ぎ。親のかかわれる時間はほんの数時間。
他の学校も大差はないでしょう。

そこで子供の様子を見ている。
体やしぐさにところどころSOSを見つける。

なんかね・・・。学校ごとでの対応の違い、そういうものを目の当たりにするとね、、、、いろいろ考えたりする。

この、「学校に預けている時間」子供を蔑にする、無視する(見て見ぬふりをする。)そうしたことがまかり通っている。

県にこだわらずあちらも・・・こちらも・・・・

先生方はそんなことはないというかもしれない。仕方がないというかもしれない。
でも、現実に子供や親はそう感じているということも無視してもらいたくないと思う。

そう思うからこそ、何とかしなきゃと思っているその親の深刻さ。

友人から聞いた「学校の教科の準備の流れにうまく乗れない子がみんなと違うペースでものごとをする。」
そのタイミングが合っていないのが不満だということは理解できるがそれを保護者に「いつもこんなんですが・・。なんとかしなさいよ。たのんだわよ」と突きつける・・・・。
いや、違うだろう。「何とかしたいけれど、どうすればいいか?いい方法はあるか?」と聞いてくれればいいだけの話。
困っているなら困っていると言ってもらっても構わない。ただ、放置し、突きつけられても、学校に行ってへばりつくわけにもいかない。

最悪そうした選択肢をするとしてもまずはもっと話し合うべきだろう。

しかもそれが「いつも」だとするならば
何故「いつも」になる前に連絡の一つもよこさない。
障害の特性を少しでも理解しているならば、問題意識があるのならば、目の前にそうした子がいるならばなぜなんとかしようとしないのか・・
解決策が見て見ぬふり・・とか・・無視・・・とか・・・ないですから先生。

いろんな部分で上滑りする状態に子供を置いておくのは勘弁してほしい。
そう思う今日この頃・・・・。

話をきいて。とお母さんがうちに来る。
私は人の母ではあるが専門家ではないから何の役にも立たない。
教職でもないから指導云々の術も持ち合わせていない。
ただただ、話を聞くだけ。

でもね、不安と混乱でいっぱいになったお母さんの頭の中を少し。考える隙間ができるくらいは話を聞ければと思っている。
話すことで考えがまとまるということもある。

そこで苦しんでいるのは何年か前の自分で、
困っているのは何年か前のわが子。

通らなくてもいい道のような気もするけれど
通らなくてはならない道の気もする。
そのあとのために。
通らなくてもいいと思えるのは通ってみたから
これから沢山の決断をしなければいけないし
そのたびにその責任の重さに押しつぶされそうになる。
だから下手に過剰なお手伝いもできないし・・

でも、先生はそこで策を施せる人なのに・・・と苦々しい思いをいつもする。

偉そうなことを言うつもりはないが・・・
せめて。。。対応の仕方を考えてもらえないだろうか・・・とおもう。

そしてね、ちょっと前に見たおはなしの中に気になる事もあった。

何かを習わせる。何かを勉強させる。そのことで子を判断するのはいかがなものかと思う。
そんな事よりももっと大事な丁寧な子育てというのがあると思う。遊びの中にも学びはあると思う。組織の中でしか学べないこともあるように家庭でしか学べないこともあると思う。
満ち足りることも大事だと思うが、
そうでないこともまた大事だと思う。
理由があって学びの場を与えているのならいざ知らずそうでない場面も多いことも結構あるものです。
変な横線を引っ張らないで欲しい・・・。
横並びはまっぴらごめん。
はからなければならないとしても
その測る物差しは一つじゃない。と思う。
ちゃんと進んでいる人の心をむやみに折るな!!

母、めげるな。大丈夫^^

あ~ぁ。また今日も長文です。。。。な

じゃ、洗濯も終わったのでこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リトルガル

Author:リトルガル
関西生まれ(奈良県生まれ、和歌山県育ち♪)、福島県で長年生活していましたが、4年前から新潟県にて生活しています。
パパ。
ママ。
息子。支援学校高等部2年生になりました^^(小3年生から特別支援学級に在籍して中学卒業まで支援学級に在籍していました。)
娘。小学5年生になりました^^(2ヶ月早産で1640グラムで生まれました)
4人家族です。

特別なことはないけれど、特別じゃないから残したい。
そんな感じ。・・・ですかねぇ・・・。

と思ってブログを始めましたが、3.11の震災を経験し、放射能から逃れるため、H24年の4月から、新潟県の阿賀野市に母子避難しておりました。
そしてH25年、パパさんも新潟県に避難してきました。ようやく家族で新生活です♪

特別なことだらけになりましたが、今度は特別だからやっぱり残さなきゃ!!・・というかんじですか・・・ねぇ。(*^^)v

ブログ村
フリーエリア
このブログ、だいぶいろんな事でごちゃまぜになっていますの 別個にお部屋を追加しました。 もう一度ちゃんと知って起きたいこと。勉強したいこと わかりやすい場所に置いときたいなぁと思いまして。。。。 下のリンクから、飛べます。 まだ作ったばかりなのでこれから増やしていきます。                    2015.8.17 パソコンが壊れてしまったため、少々お待ちください。 タブレットでできるとこまで更新しようと思います。 2015.8.19
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 ぞろ目踏んじゃってください!!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おしらせ
当分の間、一部息子関連記事を閲覧限定記事にいたしました。 ブロともにならなくても、パスワードを入れると見られるようにしました。 こちらからわかる範囲の方はご連絡いたしますが、 FC2ブログ以外の方は連絡方法がわからない方もいらっしゃいます。 FC2ブログでも、訪問者リストにのらない方、そしてFC2ブログ以外の方、 ブログをやっていらっしゃらない方は、 恐れ入りますがコメント欄の鍵コメにてご連絡ください。 「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてもらうと、非表示でリトルガルのところにだけ届きます。 お手数をおかけしますが、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
最近の記事
最近のコメント
リンク(よくお邪魔するサイト)
フリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索