5回目のこの日が来て

こんばんは。

5回目の3月11日。

皆様いかがお過ごしですか?

私はいろいろと考えながら今年もこの日を迎えました。

何だろう。5年目。

いろいろな心配事があるせいか、いつものようにじっくりとブログを書くという時間が取れませんでした。

報道を見ても、復興に進んでるその話が前面に来ていたり、

その反面、そうではないことも割と出て来ていたり。

何年か前に体験したダブルスタンダードの大きい版。。。みたいな

何だか混沌としてますね。

でも、今年はなんだろう。去年までは感じなかった振り出し感がすごくある。

この独特の間隔は何だろう?

自分だけが異次元にいるような感覚になる事がある。

非現実?というほうがいいのかな?

非日常のさらに上の感じ。

毎年思っていた、感じていた。傍観する復興ふくしま

なんかそのあり方が異様に見えて仕方がない。

もうすでに別物感があって・・・・不思議。

あれは私の好きだったふくしまなのだろうか?


ノスタルジックな気分に浸るとか

そんな感じにもならない。

とても不思議な感覚だ。

心を無視され過ぎた?そういった気分にもなっている。

表現する言葉を選べない。

何だろうこの感覚。


なんかちょっと戸惑っています。


この日は確かにそれまでの日常から切り離された日なんだけれど

本当に切り離されることがあったのは今日じゃない感覚

元気な福島。

元気に見える福島

元気なんだろう福島

そこに私の福島はない

私の中のふくしまはきっとまだ元気じゃないんだろう。


何だろう押し寄せる 元気にならなきゃダメ な福島・・・感

無理を押し通され、道理の引っ込んだ福島

悔しけど復興の波に消されそうなわたしの福島


まだ5年。

国が県がまともに機能していないなかの福島

危険を考えることを放棄した?福島。


私のしらない福島・・・・。





どんな違和感の中でも日常は進んでいき、

どんな戸惑いの中でも物事は進んでいく。

進むことでしか生きていくことはできないのだけれど、

それでも立ち止まりたくなる衝動は幾度となく私を襲う




だけどそれが許される時間の余裕がない。

先を急げ・・・・・

先をみすえろ・・・。


見えない影が聞こえない声が押し迫る。

誰も経験したことのない、

人類初の長期の低線量被ばく。

それを抱えながら、先細りかけている未来を描けと言う。

なんともはや。。。。。。

絶望の中にあるのは儚い希望。

儚い希望の中にあるのはぬぐいきれない不安。

こんなはずじゃなかったんだよ。




色んなおもいが頭をよぎる。
 
そしてまた翻弄される、、、、。

私は5年たってもまだ笑顔で前向きになれるなんていう気分にはならない。

見えてる笑顔はしんどさ隠し。笑ってないとやってられない。ただそれだけ。

仕方なく前を向くだけ。

そこにはまた選択肢が用意されている。

自分の思うものとは違う選択肢・・・・。

贅沢言うな。。。。。

妥協しろ。。。。。

これ以外に道はない。。。。。。

でなければ切り開け。。。。。。

乱暴に殴り書き、上書きされてしまう私たちの未来図。




そして、またここで流れる、安全です、訓練してます。のCM



そうか。。。

また私たちのような人を生み出すわけだ・・・・・・。

また奪うわけだ、自然豊かな場所を根こそぎ・・・・・。

私たちを見て、なお。。。。。。

そうか。。。。。

形だけでなく。。。。心までも踏みにじられてしまうわけですね。



でもね、一つ言えるのは

私はあなたが同じ立場になった時、

それでもあなたにやさしくしたい。と思ってる。

私が受けたのは痛さや辛さだけじゃないから

みんなの優しさも零れ落ちるほどもらったから。

もらった恩をあなたにも送るよ。



でもね、ならないのが一番。

だからそのための声をちゃんと伝えたい。

まだたったの5年。


私の中での5年。







この震災で命をなくされた方の御霊に届きますように



心よりご冥福をお祈り申し上げます。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんの、50m離れただけで、直接的な被害に合わなかった人もいます。
さらに遠い場所にいた私たちには、ただ想像するしかない・・・。

出来るのは、忘れないこと、見守ること、くらいでしょうか。
メディアを見聞きし、今はそれしか方法がないと思っている私と、もっと他にできるだろうと行動させようとする私。
結局、中途半端な支援しかできないけど。。寄り添う気持ちは忘れずにいたい。


東北の被害だけでなく、世の中の多くの災害に接するたび、
「確実に手助けできる『お金と権力』が欲しい!」
と歯がゆい気持ちになります。


どうか、心が穏やかになる時間が、少しづつでも増えますように。
亡くなられた皆さまの心残りも昇華されますように。

心からご冥福をお祈りいたします。

ますみさん。

ますみさん。

3月11日はやはり震災の日。津波など自然の災害に見舞われてしまった方を想い、そしていかに家族を守るのかを考える。そういう日であればいいなぁ。と思います。あの時の映像が流れるたびに心がざわつきます。それは私のように津波や火災などを体験していない者でも。
一種のPTSDなんでしょうかね。

私は海側に住んでおらず、被害は少なくなかったけれども、浜の方のそれとは天と地ほどの差があってその大変さ辛さは想像の枠を超えません。
軽々しく「わかる」などという言葉も失礼だな。と感じています。

そして、さらに地震と津波で助かっただろうけれど、放射能で救助に行けず命を落とすことになってしまった方の無念を思うと本当にやりきれない思いです。新聞を見て、当時ものすごく悔しく悲しかった覚えがあります。

複雑な問題が入り混じった福島県ですが、それでもやっぱり大好きな場所だったりします。

ますみさん。いつもコメントしづらいだろう記事に言葉をくれてありがとう。ただ、言葉がここにあるだけで優しい気持ちになれます。

本当にありがとう。
プロフィール

リトルガル

Author:リトルガル
関西生まれ(奈良県生まれ、和歌山県育ち♪)、福島県で長年生活していましたが、5年前から新潟県にて生活しています。只今6年目♪
パパ。
ママ。
息子。支援学校高等部3年生になりました^^(小3年生から特別支援学級に在籍して中学卒業まで支援学級に在籍していました。)
娘。小学6年生になりました^^(2ヶ月早産で1640グラムで生まれました)
4人家族です。

特別なことはないけれど、特別じゃないから残したい。
そんな感じ。・・・ですかねぇ・・・。

と思ってブログを始めましたが、3.11の震災を経験し、放射能から逃れるため、H24年の4月から、新潟県の阿賀野市に母子避難しておりました。
そしてH25年、パパさんも新潟県に避難してきました。ようやく家族で新生活です♪

特別なことだらけになりましたが、今度は特別だからやっぱり残さなきゃ!!・・というかんじですか・・・ねぇ。(*^^)v

ブログ村
フリーエリア
このブログ、だいぶいろんな事でごちゃまぜになっていますの 別個にお部屋を追加しました。 もう一度ちゃんと知って起きたいこと。勉強したいこと わかりやすい場所に置いときたいなぁと思いまして。。。。 下のリンクから、飛べます。 まだ作ったばかりなのでこれから増やしていきます。                    2015.8.17 パソコンが壊れてしまったため、少々お待ちください。 タブレットでできるとこまで更新しようと思います。 2015.8.19
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 ぞろ目踏んじゃってください!!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おしらせ
当分の間、一部息子関連記事を閲覧限定記事にいたしました。 ブロともにならなくても、パスワードを入れると見られるようにしました。 こちらからわかる範囲の方はご連絡いたしますが、 FC2ブログ以外の方は連絡方法がわからない方もいらっしゃいます。 FC2ブログでも、訪問者リストにのらない方、そしてFC2ブログ以外の方、 ブログをやっていらっしゃらない方は、 恐れ入りますがコメント欄の鍵コメにてご連絡ください。 「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてもらうと、非表示でリトルガルのところにだけ届きます。 お手数をおかけしますが、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
最近の記事
最近のコメント
リンク(よくお邪魔するサイト)
フリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索