気になったこと。

本日3回目の更新です。

ようじが終わって少し時間ができたので・・・・。

去年の話なんですが、なんだか心に引っかかっていることがありまして・・・・・。

息子と同学年のお子さんをお持ちの幼稚園でお会いするお母さん。

少しはなしをする機会がありまして、同学年のしかも同じクラス(交流学級先)のようでした。

話の流れで息子が支援学級にいっていて、授業は交流先で受けていることを話しました。

そしたらね、そのお母さん。ソレまで控えめに受け答えをしてくれていたんですが(人形作りの講師のときなんで一応先生なんです!!私。笑)

「あぁ~。そういえば子供がみんなにいじめられて学校来なくなった子がいて、そのこが支援学級にいったんだ!!って聞いたことあるわ!!」って・・・・・・

「その子のことね!!」って・・・・・

無論、うちの子じゃないんですけどね。否定してはみたものの、ことばが伝わったようにはみえませんでした・・(´・ω・`;A) アセアセ

でも、そのお母さんは、うちの子がそのいじめられて支援学級にいった子だと思っちゃったみたいで、

それまでの態度が一変。

まぁ。いいんですけどね。そんな偏見はいくらでもありますから。

でも、支援学級はそういう目的で作られているわけじゃないこと。どういう子供たちが行っているのかが同学年でも理解されていない現実を少々感じてしまいました。

以前このブログにも書いたことがあるのですが(今は限定記事になっているような・・・)→2009.03.14今回一定期間だけ公開します。

支援学級の子供と親も学校に居場所がない。的なこと。それにつながっているような気がします。

実際に学校に支援学級があり、そこに通っていながらなんかしっくり来ないのは、ただ、居場所がないだけでなく、

そうした偏見がまだまだ残っていること、(もちろん個人でどういうものか説明してはいますが、そうしたことが全部にいきわたる訳もなく・・・。)

それがもしかしたら、まかりとおっていたりするのかな?とか考えてしまいます。

それはこちらからの働きかけを妨げていないとは言い切れない気がして、、、。

なんかしっくりきません。

うちの息子はたまたまいい友達とやさしい周りの人に助けられて必要以上の苦しみもなく学校に通っています。

それはそれで大変にありがたいことです。(もちろんからかいの対象になることもあるでしょうが・・・)

でも、そのいじめにあってこれなくなった子供とその親御さん。そういう風に回りに見られていては学校に行くにもいけない気がして、、、。

同じ発達障害にあって同じようにたくさんのことになやみながら子供を送り出している身として、なんだかいろいろと考えさせられ、

そして、幼稚園が始まってどうしても毎日あってしまうおかあさんの態度にまぁまぁ複雑な心境ナ私です。

あぁ。お迎えの時間ですそれではまた!!^^;


スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

やるせないっす!

いつもながら、美味しそう&可愛い♪お弁当で、頭が下がります。(礼)
ウチの旦那の弁当を見せたら・・・・その“ひもじさ”に驚かれることでしょう。もっとも、ウチの旦那はダイエット必要なので。。←言い訳??(笑)

支援学級の件、読んでいて切なくなってしまいました。
どうして、リトルガルさんの話をちゃんと最後まで聞いてくれないのでしょう。。やるせないっす!!(涙)

世の中、いろんな人がいますね。
自分の枠からなかなか出られない人。価値観が固まっている人。柔軟性のない人。
逆に、私はそういった性格の人って、可哀想だと思います。

でも、そういう人も、長い人生のうち、何かの“きっかけ”で変わるときがあるかもしれません。
リトルガルさんの言動が、周りの人の“きっかけ”になっていることでしょう。

私も支援学級の周辺環境の問題について、今回初めて知りました。
なんとか、ならないものでしょうかね?
学校内だけの問題ではなく、地域や国全体でイメージから変えていかなくてはいけませんね。

何も変わってないよね。

支援級という名前は変わったものの
特殊学級と呼ばれていたあの頃の周りの偏見と間違った理解、そこにいる子どもや親の疎外感・・・10年前と何も変わってないんだね・・・。

保護者や子どもたちがそういう思いをしているなら、多分支援級の先生も疎外感や居場所のなさを感じてる。例えば、クラスに配るプリントを、自分のクラス分だけ忘れられていたり、交流学級の予定をうっかり知らされていなかったり、するんだよね。理解のない学校だと。
ましてや直接交流している学級のお母さんがそんな誤解をしているような発言するなんて・・・
原因は・・・学校そのものだよ。
きっと学校の幹部の人たちの、支援学級への理解が間違ってんだよ。先生たちに「特別支援」の意味が理解されていない。
そして、それは、今に始まったことじゃない。担任が・・とかその発言した親が・・とかじゃなくて、もっと根強い学校全体の雰囲気のような気がする。・・・きっとそうだよね・・・。

なんか・・・くやしい、なんかすごく腹が立つ。
私がその学校に説教しに行きたいよ。本と。頭から湯気出して。

でも、その中で、周りに恵まれ、元気に学校に通う息子さん・・・きっと、周りに愛される人柄なんだろうな。
そしてリトルガルさんも。

それだけで、何か救われたような気持ちになります。

一人ひとりに必要な支援が違う。それを補うのが支援学級なんだという理解が、正しく伝わる・・・そんな日がくるのはいつなんだろうね。


はるさん。

お弁当、こんなんで褒めてもらって恐縮です(笑)
私を含め、世の中にはいろんなひとがいます。本当におっしゃるとおりです。価値観を押し付けるつもりはありませんが、でも、間違った認識が少しでも正しい方に向いてくれると嬉しいなと思います。
そして、態度が変わることもよくあることです。うちの場合は息子のことヲ隠すことなく話しているのでその確率が高くなっているとは思いますが・・・。
でも、イメージ・・・。このまま他の周りの人たちに広がってほしくはないなぁ。とそれだけは願っています。

skymamaさん。

どもで~す。
あはは、私、若さが足りなくなったのかしら、今回は、全然湯気が出ない(笑)
なんか、あぁ、そうなんだぁ。って感じ?なんか心にしっくり来ないなぁっていうそういう感覚のほうが強い気がする。(苦笑)
態度を変える人の中でも、近しい人だとその認識を方向ヲ修正するべく働くんだけど、なんとなく、今回芭そんなことをしようとも思わない。そっちのほうが何でだろ?って思ってるんだよね。気にはなってるのに・・・・。
なんかね、わたしたちにむけられたその言葉。そのお母さんの言動自体が今回は重くってね。正直、うちは違うよ!っていってしまう自分がいやで・・・。少々自己嫌悪状態なのかもしんないなぁ。もちろん
本当に違うので否定をしたことは間違ってないんだけど、片方でそういう苦しみを味わっている方がいる現実。問題が違うだけといえばそれまでなんだけど、それだけではなんとも消化しきれない心のもやもやがあったりします。

特別支援の意味。特別支援の必要性。子供の頑張り。親のしんどさ。ドレをとってもわかってもらいたいものばかり。

意見を言えば、健常児の親からやりすぎだという目で見られ、そして、頼るべきところには頼れる人はいない現実。

自分から動いていけば何とかなるとおもっていても、なかなか一足飛びには行かない状況。

あぁ。世の中ってむずかしい・・・。

あぁ~。ぐちりすぎたね。アルコールがはいっているので多めに見てやってください!!(´・ω・`;A) アセアセ
プロフィール

リトルガル

Author:リトルガル
関西生まれ(奈良県生まれ、和歌山県育ち♪)、福島県で長年生活していましたが、5年前から新潟県にて生活しています。只今6年目♪
パパ。
ママ。
息子。支援学校高等部3年生になりました^^(小3年生から特別支援学級に在籍して中学卒業まで支援学級に在籍していました。)
娘。小学6年生になりました^^(2ヶ月早産で1640グラムで生まれました)
4人家族です。

特別なことはないけれど、特別じゃないから残したい。
そんな感じ。・・・ですかねぇ・・・。

と思ってブログを始めましたが、3.11の震災を経験し、放射能から逃れるため、H24年の4月から、新潟県の阿賀野市に母子避難しておりました。
そしてH25年、パパさんも新潟県に避難してきました。ようやく家族で新生活です♪

特別なことだらけになりましたが、今度は特別だからやっぱり残さなきゃ!!・・というかんじですか・・・ねぇ。(*^^)v

ブログ村
フリーエリア
このブログ、だいぶいろんな事でごちゃまぜになっていますの 別個にお部屋を追加しました。 もう一度ちゃんと知って起きたいこと。勉強したいこと わかりやすい場所に置いときたいなぁと思いまして。。。。 下のリンクから、飛べます。 まだ作ったばかりなのでこれから増やしていきます。                    2015.8.17 パソコンが壊れてしまったため、少々お待ちください。 タブレットでできるとこまで更新しようと思います。 2015.8.19
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 ぞろ目踏んじゃってください!!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おしらせ
当分の間、一部息子関連記事を閲覧限定記事にいたしました。 ブロともにならなくても、パスワードを入れると見られるようにしました。 こちらからわかる範囲の方はご連絡いたしますが、 FC2ブログ以外の方は連絡方法がわからない方もいらっしゃいます。 FC2ブログでも、訪問者リストにのらない方、そしてFC2ブログ以外の方、 ブログをやっていらっしゃらない方は、 恐れ入りますがコメント欄の鍵コメにてご連絡ください。 「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてもらうと、非表示でリトルガルのところにだけ届きます。 お手数をおかけしますが、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
最近の記事
最近のコメント
リンク(よくお邪魔するサイト)
フリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索