ちょっとずつ覚書。3月11日のこと②

こんにちは!!

今日は朝からいい天気!です。

ここのところ毎日娘の体調がすぐれません。熱を出したりすることはないのですが、

それでも、なんだか風邪っぽい感じです。

のどが痛い体が痒い、お腹がいたいと・・・・・。心配です。

今日は天気がいいので隣の県まで遊びに連れていこうと思っていましたが、自宅でゆっくりに変更です。


でも、今日はこの辺相当暑くなります。家の中は30度を超えるでしょう!!

日中どうやって過ごそうか???

熱中症にもなりそうだ!!


今、夏休みだけでもここを離れようかと計画しています。

どっかいいとこないですかネ~~。











続きです。

さて、結構長い間揺れた地震。

びっくりして次々に出てくるマンションの人たち・・・・。

みんな危険を感じて外に飛び出しています。そして、突然の出来事にそのまま部屋でくつろいでいた格好で外に出てきたので、いきなりの吹雪に寒そうにしていますした。

という私も思いっきり薄着!ただ、興奮していたのか自分が上着を着ていないと気づくまでに結構時間がかかりました。


外に出てきてなお、地面がゆれています。(本当にゆれているのかそれともすでに地震酔いなのか?)

子供たちは、あまりに突然のことにただ、呆然。そして、むすめは口に入れたバナナケーキを一生懸命消化中。

息子はさっきのんきに流れたメロディーで出来上がったはずのトーストに思いを残していました。

子供がパニックになって泣き出すかも?というのとパニックになる前に落ち着かせないと・・・・。

ととっさに思ったものの、息子は靴と上着を羽織ったものの手ぶらで降りてきている。

(いつもの「ひらひら!!」とりあえずとってこなくちゃ!!)

まだ建物もぐらぐら揺れています、入るのは正直怖かったけど、この後の息子の状態を想像したら

そんなことはいっていられません。警報音もひっきりなしになっています。


降りてくる直前に台所のガスの元栓を締めに行ったときに乗り越えた数々の障害物・・・・。

(今日は我が家に子供たちを帰すのは無理!!。というか自分たちも帰れそうにもない!!

 どこで寝る?  車? 布団無事かな?)

いろんなことが頭をよぎりました。

車の中に子供たちを押し込み、建物を見ながら考えていたら、近所のおうちの方が

「子供たちだけでもちょっとの間見ていてあげるわよ。家にいらっしゃい。」と誘ってくださいました。

いつも顔を合わせるたびに遊びにおいで!と誘っていてくれた方でした。

遠慮をしてもいられないので、ありがたくその言葉に甘えることにしました。

で、その方の新しいおうちは耐震対策をしっかりしたお宅だと言うことで、

まったく持って我が家の惨状とはかけ離れた落ち着いた状態。テレビを普通に見れているし大きな食器棚も無傷。

「ここなら安全。」

そう思ったので、子供たちを少しの間お願いして、家にもどることにしました。

まずは、子供のもの(ひらひら!!)そして、DS。これをまずもってくれば、

避難中のお宅でもあまり迷惑をかけないと思ったのでまず、

その2点をめちゃくちゃの家の中から探し出すことにしました。


その間も容赦なく家はゆれています。

デモね、もう大体のものは落ちてしまった後。もうこれ以上落ちるものはなさそう!!

そんなことを考えたら、ちょっとだけ勇気がでました。

とりあえずたくさんのものを一気に運び出すのは無理なので、何度も何度も往復しました。

車で寝るにしても、外は吹雪。毛布の1枚でも、最悪ひざ掛けでも何でもいいから持ってこなくちゃ。

そういえば寝袋も2つあったはず。。。。。。

いろんなものが壊れて散乱していたので、スニーカーのまま家に入り、布団を引きずり出すことに成功しました。

とりあえず、今夜必要な最低限の物を家から持ち出したら、ひと段落。



そんなこんなことをしているうちに日も暮れ、回りもだいぶ暗くなりました。

車(といっても母の軽自動車)で寝るのを決心したころ、

下の階の方が「近くの行政センターが避難場所になっているから、場所を確保しに行こう!」と誘ってくださった。

とりあえず、その言葉に促されるままに子供たちを預けたまま、布団を積み込んで出かけました。

行政センターは車で3、4分。幼稚園の所用でたまに利用している場所。

とりあえず、家族四人分の場所を確保し、一度戻ってきました。










スポンサーサイト

テーマ : ある日のできごと
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

今だ大変な思いをされているのに当日の状況を教えてくださりありがとうございます。
ここまで読んでいてもそうとう大変だった事が分りますが、冷静に対応されていた事に感心しています。
只、日頃から発達障害を抱えている子供を育てているという事がこんな時にも役立つんだなぁ~と改めて思いました。

先を読みながら日々生活しているので自然といろいろなケースを想定して、尚且つ自分の気持ちを表に出さず子供達に不安を与えないようにする所は多分日常なんだと思います。
私もそうですから。(笑)

意外と非常事態にも頭の中は冷静に働いていたりしますよね。

後、ご近所との付き合い方が日頃から大切だなぁと感じました。
東京はお隣でもどんな人が知らなかったりすることが多いので…
こんな時こそ助け合っていかなくてはと感じます。

こんなにも被災されている方が頑張っておられるのに、国民の税金をもらってぬくぬくとしている自己中な政治家ばかりで情けないですね。

私の母の兄弟も岩手にいるので、状況は伝え聞いています。
年寄りの一人暮らしは心配ですが、電話をかけたり、食料を送ったり位しか出来ません。
心配をかけまいと元気に振舞っていはいますが、心細いと思います。
やっぱり国が何とかしてくれないとと切実に思います。

これからまだまだ先は長いと思いますが、頑張りすぎず支え合っていきましょう。
直接何も出来ずに申し訳ないです。

エンジェルキャッチさん。

こんにちは!!
コメントありがとう♪
発達障害児を持っているとどうやらきもが座るようですね(-^〇^-)
ちょっとしたことでは、動じなくなります。(可愛げがないとも言うのかしら・・・(*≧m≦*))

でも、本当に自分で自分の行動に驚きました。(´▽`*)アハハ。

それよりも今回は周りの人たちノ優しさが身にしみる事が多かったです。
ご近所付き合い、今一度見直してみてください。
ぜひお勧めしますわ。そして、こういうことで逆に知り合いになることもできるのかもしれません???
なんにせよ、すべてのモノに意味があるのでしょうね。

岩手のご親族、きっと心配してくれる人がいる、解ってくれている人がいる、というだけで心の支えになると思います。あまり無理せず出来ることで支援してあげてくださいね。

国のことは、語り始めると3日は話し続けそうです(苦笑)

そして、大事なこと!!ここにこうやって来ていただけるだけで、私は嬉しいです。どうもありがとう!!





プロフィール

リトルガル

Author:リトルガル
関西生まれ(奈良県生まれ、和歌山県育ち♪)、福島県で長年生活していましたが、5年前から新潟県にて生活しています。只今6年目♪
パパ。
ママ。
息子。支援学校高等部3年生になりました^^(小3年生から特別支援学級に在籍して中学卒業まで支援学級に在籍していました。)
娘。小学6年生になりました^^(2ヶ月早産で1640グラムで生まれました)
4人家族です。

特別なことはないけれど、特別じゃないから残したい。
そんな感じ。・・・ですかねぇ・・・。

と思ってブログを始めましたが、3.11の震災を経験し、放射能から逃れるため、H24年の4月から、新潟県の阿賀野市に母子避難しておりました。
そしてH25年、パパさんも新潟県に避難してきました。ようやく家族で新生活です♪

特別なことだらけになりましたが、今度は特別だからやっぱり残さなきゃ!!・・というかんじですか・・・ねぇ。(*^^)v

ブログ村
フリーエリア
このブログ、だいぶいろんな事でごちゃまぜになっていますの 別個にお部屋を追加しました。 もう一度ちゃんと知って起きたいこと。勉強したいこと わかりやすい場所に置いときたいなぁと思いまして。。。。 下のリンクから、飛べます。 まだ作ったばかりなのでこれから増やしていきます。                    2015.8.17 パソコンが壊れてしまったため、少々お待ちください。 タブレットでできるとこまで更新しようと思います。 2015.8.19
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 ぞろ目踏んじゃってください!!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おしらせ
当分の間、一部息子関連記事を閲覧限定記事にいたしました。 ブロともにならなくても、パスワードを入れると見られるようにしました。 こちらからわかる範囲の方はご連絡いたしますが、 FC2ブログ以外の方は連絡方法がわからない方もいらっしゃいます。 FC2ブログでも、訪問者リストにのらない方、そしてFC2ブログ以外の方、 ブログをやっていらっしゃらない方は、 恐れ入りますがコメント欄の鍵コメにてご連絡ください。 「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてもらうと、非表示でリトルガルのところにだけ届きます。 お手数をおかけしますが、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ
最近の記事
最近のコメント
リンク(よくお邪魔するサイト)
フリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索